Event is FINISHED

SCI-Japanウェビナー シリーズD「サーキュラー&エコノミーの視点から」『サステナビリティから「リジェネレーション」へ。ポストコロナ時代のニューノーマル』

Description
SCI-Japanウェビナーシリーズ「コロナとの共存時代のスマートシティを考える」では、1回60分前後、ライトな対談形式をメインに、新型コロナウイルス対応×スマートシティという切り口で、SCI-Japanならではの最新かつ有意義な情報を、広く皆さまにお届けしています。(シリーズの概要はこちらをご覧ください→https://www.sci-japan.or.jp/event/event/webinar.html

気候変動や資源枯渇など様々な社会課題が深刻化するなか、世界では「サステナビリティ」に代わる新たな考え方として「リジェネレーション」という概念が注目を集めています。背景には、環境負荷を減らすといったless badの考え方ではもう不十分で、人間の活動を通じて環境やコミュニティを再生(リジェネレーション)していく、more good なアプローチが必要であるという共通認識があります。今回は、㈱SYSTEMIC CHANGE 代表取締役 東嗣了氏をお迎えし、リジェネレーションとは何なのか、「個人」、「組織」、経済や社会といった「システム」、そして「地球全体」という4つの視点から、その意味について掘り下げ、具体的な事例も交えながらポストコロナ時代のニューノーマルを模索していきます。

参加無料・事前登録制
事前登録はこちらからhttps://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_yRPl0BGLTUK0dHIw06WCTA
※配信はZOOMを予定しています。ご視聴にあたっては事前登録が必要になりますので、上記リンクからご登録をお願いします。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。

【スピーカー】


東 嗣了
㈱SYSTEMIC CHANGE 代表取締役
サステナビリティ・リーダーシップコンサルタント。これまで400社、3万人以上を対象に、人と組織の本質的な変化・変革を支援。左脳的なロジックと右脳的な感性をバランス良く取り入れることが強み。日本におけるサステナビリティ・リーダーの育成に情熱を注ぐ。バイオミミクリー(自然の叡智から学ぶイノベーション)の世界的な研究機関で資格取得中。アリゾナ州立大学院サステナビリティ・リーダーシップ学エグゼクティブ修士。 CRR Global Japan ファカルティメンバー。


加藤 佑
ハーチ㈱ 代表取締役 / IDEAS FOR GOOD 編集長
1985年生まれ。東京大学卒業後、リクルートエージェントを経て、サステナビリティ専門メディアの立ち上げ、大企業向けCSRコンテンツの制作などに従事。2015年12月に Harch Inc. を創業。翌年12月、世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」を創刊。現在はサーキュラーエコノミー専門メディア「Circular Economy Hub」、横浜市で「Circular Yokohama」など複数の事業を展開。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格保持者。エストニアe-resident。


南雲 岳彦
㈳スマートシティ・インスティテュート 理事
三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員、内閣府規制改革推進会議委員、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター・フェロー、京都大学経営管理大学院客員教授、産業技術総合研究所客員研究員、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター上席客員研究員を兼務

[PR] Recommended information